タイヤを見れば○○がわかるって知ってた??

2017年7月13日

こんばんは!いがぐりデス

今日、車などに必ずと言っていいほど使用されているタイヤですが

実はこのタイヤ・・

ある場所・・・・ を見るだけで様々な情報がわかるようになっているのです!

何がわかるのか?

それを解説していきます

         

                    まずは見てみよう!

まずはタイヤを横から見てみてください

どこかに、、少し見えにくいですが

205/65R 15 91 H

この様な文字が書かれていると思います

①205 ②65 ③R ④15 ⑤91 ⑥h

これらを1つずつ説明していきます

                      ①タイヤの幅

タイヤが地面と接地する面の横幅を表しており単位は(mm)デス

このタイヤの場合205mmとなります

この数値が大きいほど太いタイヤということになります

 
                    ②扁平率(へんぺいりつ)

ここでよく分からない単語が出てきましたね

扁平率というのはタイヤの幅に対しての

↓ ↓ タイヤの厚さのことなんです ↓ ↓

扁平率が低いタイヤほど衝撃を吸収するタイヤのゴムの部分が

薄くなっていくので乗り心地が悪化してしまいます・・

逆に厚ければ厚いほどいいのか??

そういうわけではないんですね~

厚ければ乗り心地はよくなりますがカーブなどでが掛かったとき

タイヤの高さがある分、タイヤがよれてしまいロールが大きくなってしまいます

カーブでは扁平率が低いタイヤに軍配が上がるでしょう!

一兆一反といったところでしょうか・・

 
                  ③ラジアルorバイアスタイヤ

タイヤはカーカスと呼ばれる骨組みの形状によって

ラジアルタイヤとバイアスタイヤに分けることができます

タイヤにはが書かれておりそれぞれラジアルバイアスを表しています

~ラジアルタイヤ~

                                                   

                    メリット 
・グリップ力が高い    ・耐摩耗性に優れる    ・軽い

                                                                

                   デメリット
・値段が高い  ・乗り心地が劣る

~バイアスタイヤ~

                    メリット
・乗り心地が良い  ・重さに強い  ・値段が安い

                   デメリット
・グリップ力が劣る ・燃費が悪い

とりあえず書いてみましたがこれはあくまで二つを比べた時の意見です

バイアスはつるつる滑るの???と言われれば答えはNoです

現在乗用車ではラジアルが主流になっていますがそれぞれいいところがあります

用途に合ったタイヤを選ぶのが大事だと思います

                      ④リム径

リム径というのはホイール部分のサイズのことです(単位はインチ)

大体、軽自動車で13~14インチ 普通車で15~17インチくらいです

もちろんまだまだ大きなホイールも選べますがつけるタイヤの値段も

どんどん高くなっていくのでやりすぎ注意です!!

大体の価格はこれくらいです

14インチ 1本 3000円   18インチ 1本 20000円、、。

僕は18インチが好きです((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタ

                   ⑤ロードインデックス

  はい、またよく分からないのが出てきました(;´・ω・)

でもこれ、ものすごく簡単です。

要は

『タイヤ自体がどれだけの重さに耐えられるか一目でわかるよ記号』

なのです

※一覧表を載せておきますので参考にしてみてください

       

                      ⑥速度記号

最後は速度記号と呼ばれるものです

速度記号とはタイヤ自体が時速何キロまで耐えることができるのかを表しています

こちらも一覧を載せておくのでので自分のを調べてみると面白いと思いますよ☆彡

                      ~まとめ~

いかがでしたか??

実はタイヤって色々あるんですよね

自分の用途に合ったタイヤを探してみてはいかがでしょうか

おしゃれは足元から!!是非試してみてください^^

ここまで読んでいただいてありがとうございました((o・д・)b

それではまたノシ